TOP脊椎疾患について > 骨粗鬆症性椎体骨折(圧迫骨折)

骨粗鬆症性椎体骨折(圧迫骨折) Osteoporotic vertebral fracture
(compression fracture)

骨粗鬆症性椎体骨折(圧迫骨折)

疾患の定義と原因

骨粗鬆症とは、骨密度(骨の量)が減って骨がもろくなり骨折しやすくなる病気です。日本はその割合が世界の中で最も高い国のうちの一つで、約1000万人以上の患者さんがいるというデータもあります。
骨粗鬆症が原因で、ものを持ちあげたとか尻もちなどの軽い外力により生じた脊椎(せぼね)の骨折を骨粗鬆症性椎体骨折といいます。

主な症状

腰背部痛(ようはいぶつう)
急激に背中や腰の痛みが出現します。体を動かすと痛みは強くなり、寝起きすらままならなくなることもあります。あおむけになるのが辛いですが、座ってしまうと痛みは軽減することが多いです。
高齢女性(65歳以上)の急性腰痛(ぎっくり腰)のうち、68%が骨粗鬆症性椎体骨折であったというデータもあります。(参考文献①)
しかし、大きな外力がなく、知らない間に生じた時には痛みが軽度のこともあります。そのような場合、いつのまにか骨折とも呼ばれています。
いつのまにか骨折
下肢しびれ、筋力低下
骨折した椎体がひどくつぶれて(=椎体圧潰)脊柱管(=神経の通り道)を圧迫したり、骨折が癒合せず(=偽関節)不安定な状態が続くと、神経の麻痺が生じて下肢(脚)のしびれがでたり、筋力が低下し歩けなくなることがあります。
円背、姿勢異常、胸やけ
何か所も椎体骨折が生じた場合、身長が低くなったり、背中が丸くなります(円背、後弯症)。姿勢が前かがみに変化して腹部の臓器が圧迫されることで、逆流性食道炎という状態になり胸やけが生じることもあります。また、重心が前に移動することで、支えなしには長く立ったり歩けなくなることもあります。さらに、寝たきりになり活動が激減する人も多いため、死亡率が1.8倍も高まったという研究結果もあります。

治療

保存療法(手術以外の方法)

ほとんどの場合、保存療法から治療を開始します。硬性装具(コルセット)による外固定で骨折椎体の局所安静を図り、薬物療法(痛みのコントロールと骨粗鬆症に対する治療)を併用します。当院で用いている装具療法での骨癒合率(骨折が治る確率)は88.7%(7.5か月時点)であり、軟性装具(66.3%)などの方法に比べて、高い骨癒合率であることがわかっています。(参考文献②~⑤)
また、最初の骨折に引き続いて起こる椎体骨折を防ぐために、骨粗鬆症に対する適切な治療を継続して行うことが重要です。

手術療法

下肢の疼痛やしびれが強く、保存療法で改善の得られない場合は、手術療法が必要となる場合があります。
当院では、「経皮的椎体形成術(BKP)」「脊椎固定術」を行っています。

経皮的椎体形成術(BKP)
バルーンを入れます
約5㎜の創から針を刺入し、骨折した椎体に細い経路を作ります。そこへバルーン(風船)を入れます。
バルーンを徐々に膨らませます
バルーンを徐々に膨らませ、骨折部分を持ち上げ、可能な範囲で整復します。椎体内に空間ができます。
骨セメントを充填します
その空間を満たすように、骨セメントを充填します。
骨折した椎体が安定化します
骨セメントが固まり、骨折した椎体が安定化します。約20分で終了します。
Michelson Technology at Workせぼねの病気に関する情報サイト|脊椎圧迫骨折の新しい治療法BKP
脊椎固定術
BKPでは対応できない、脊椎の不安定性や変形が高度な場合、神経症状(麻痺)を伴う場合は、脊椎固定術を行います。当院ではMIStと呼ばれる低侵襲脊椎手術手技(身体への負担が小さい手術の方法)を積極的に取り入れています。
MISt研究会
参考文献
  • 石井圭史ら:整形外科63:2012
    高齢者の急性腰痛に対するMRIスクリーニング
  • 渡邊吾一ら.整形外科62:207-212、2011
    骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的治療―硬性装具の治療成績(前方視研究)
  • 渡邊吾一ら.別冊整形外科60:75-78、2011
    骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的治療 ―外固定法別の骨癒合率およびJOABPEQ評価―
  • Watanabe G et al.Journal of Spine Research 2:308-310
    Osteoporotic vertebral fractures treated with thoracolumbosacral orthosis: A prospective study
  • Murata K, Watanabe G et al. Neurosurg Spine. 2012 (5):469-75
    Union rates and prognostic variables of osteoporotic vertebral fractures treated with a rigid external support.